百貨店の化粧品売り場は私にとって高級品

"子供を産んでからというもの自分にかける時間が減り、あまり美容にも興味がなくなってしまったせいか、どんどんメイクやスキンケアが簡素になってしまっています。
本来なら、年齢を重ねるにつれしっかりしたスキンケアやメイクをしなければいけないものだと思いますが、私は正反対をいってしまっています。

美容にとても興味のあった二十代は、スキンケアも一本五千円以上のものを使っていたり、ファンデーションも三千円以上のものしか使っていませんでした。

しかし、今となってはスキンケアは千円未満だし、ファンデーションもプチプラブランドのものを使っています。
そのため、今の私にとっては昔使っていた化粧品は全て高級品ですね。
特に、五千円を超えてくる化粧品は本当に高級品というイメージで、百貨店の化粧品売り場で販売員の方から購入する物という感じです。
しっかりしたブランドの化粧品は、その名前がついているだけでもう高級品と思ってしまいます。"

スキンケア

メイクアップ

茶のしずくとは

クレンジングについて

化粧落とし

石鹸について

健康情報

リンク集

新しい記事▲