洗顔は泡!

"洗顔方法について意識するようになったのは中学生の頃でした。
母がいなかったこともあり、美容に関する知識がなく、
父や祖父母と同じように洗顔石けんで洗ってタオルでごしごししていました。

けれど中学生になって肌が荒れるようになり、親戚のおばさんに聞いたりして洗顔方法や保湿の仕方について考えるようになりました。

「刺激を与えるのは厳禁、タオルでごしごしするなんてもってのほか」
そう聞いてびっくりしたものです。
「洗顔料を泡立てることが大切で、よく泡立てた泡で撫でるように洗うの大事」
だと言われ、それで汚れが落ちるのだろうか…と最初は思いました。

でも確かに、たっぷりの泡で包むように洗うと、洗顔後の肌がしっとりするようになって。
それからファッション雑誌の美容コーナー等を読んだりして、
色々な体験談を読みました。
中には「敏感肌で洗顔後にタオルを当てるだけで肌が荒れてしまう」という人もいて、そういう人はタオルを使わなくてすむように、洗顔後に化粧水をつけるように肌にぱしゃぱしゃと押さえたりして工夫をしているのだと知りました。
でもどんな人にも共通しているのはやはり「泡で洗うのが大事」ということのようでした。

それから色々な洗顔料・洗顔石けんを試してみたのですが、
肌に合う合わないはありますが、合うものに関してはどれも大差ないように感じました。
安価な洗顔石けんでも、よく泡立てた泡で優しく洗えば大丈夫。
高価な洗顔料とさほど差はないと私は感じています。
"

スキンケア

メイクアップ

茶のしずくとは

クレンジングについて

化粧落とし

石鹸について

健康情報

リンク集

新しい記事▲